冬から春へのバス釣り


バス釣りの厳しい季節が終盤を迎えていますが、今年は暖冬の影響で
ブラックバスの行動が早くなりそうですね、、

例年に比べ水温が高く、西日本は平均水温は8℃〜10℃前後3月上旬の
水温だと思われますが、かと言って釣り易い状況ではなく、冬のパター
ンと初春のパターンが成立する微妙な時期でしょう。


この状況でバスの行動を推測すると、冬を引きずっている魚はメインチャ
ンル沿いのディープ、急なカケアガリ部に留まっていると思われ、活性は
鈍い状態でしょう。

この魚を釣る場合、ゆっくり動かすスローな釣り方か反射的に食わすリアク
ションの釣りになります。


そして、春を意識した魚もこの時期には存在しているはずで、良い天気が続
いていて、水温が上昇気味である場合、春のパターンもタイミングによって
は成立するでしょう。今は2月ではありますが、暖冬の影響は必ず魚にも影
響しています。


ブラックバスの春の行動を考えると、冬についていたエリアを中心に、シャロ
ーへの動きを示していきます。魚は急なカケアガリをポイントとして、その先
にあるシャロー(浅場)に移動しようとします。

これは春の産卵に向けての行動となりますが、現在の水温では産卵まで意識して
いるバスは少ないと推測します。

つまり、バスはシャローに隣接したカケアガリ、ディープなどで、アクションを
起こせばすぐに浅場に行けるところに位置しているでしょう。水温の更なる上昇な
どのプラス要因になるのをそのポジション付近で待っています。


具体的なエリアとしては、北側、西側のショアから浅場へのアクションが出やすい
でしょう。北側は北風を避けられ西側は日当たりがよいということからです。

いい天気が続き、日当たりがよければ、シャロー付近で魚はウロウロしだすので、小
ぶりのサスペンド・ミノーなどで狙ってみるといいでしょう。

この時期は、冬のパターンと春のパターンを組み立て、気象の変化を考え、柔軟な対
応の釣り方が必要となります。

続きを読む
posted by bassman at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬のビッグベイト!

ビッグベイトで冬の野池を攻略できたら、、、出来ます!長いことバス釣り
していると、いろいろと試したくなるもので、その一つが最近話題のビッグ
ベイトのルアー、、、

最初こんなんで釣れるのかいな、と半信半疑で使っていたわけですが、使っ
ているうちに少しずつ釣れだした。タイミングやリトリーブするスピードとか、
試行錯誤で使えるようになってくるんです。

春先から初夏あたりまでは結構いい釣果があり、釣れるルアーだと信じられる
ようになりましたね。

で冬場のバス釣りにも効くんだろうかと、ここ何年か冬場にビッグルアーを持
ち込んで、周りの冷たい視線を感じながらもガンガンぶん投げてグリグリして
たんです。

ある時、いつものようにビッグベイトを遠投してたら向い風で見事なバックラ
ッシュ! 5分位かかって巻きなおして、ボトムに落ちたルアーをゆっくり引
いてきたんです。もうすぐルアーが見えるというところで、そのビッグベイト
に一匹のランカーがピッタリ後ろに着いて来てたんです。

これはイケルかもと思い、同じようにボトムまで落としてデッドスロー気味に引
いていたんですが、その日は釣れることはありませんでした。数日後に同じ場所
でまた同じように釣りをしてたんですが、、、釣れたんです!!

ランカーとは言えませんが、38pのブラックバスでした。あの寒い中、ビッグルア
ーで釣れた一匹は最高に興奮し、手が震えていたのを今でも憶えています。先日見
たことがヒントになり、釣果に繋がったわけです。

そんなに頻繁に釣れる釣り方ではありませんが、数匹はこの方法で今までに釣り上げ
ました。勿論冬場の野池です。少しスローな釣り方になりますが、何もやっても釣れない
日なんかは、こんなのもアリなんで試してみてください。


一応、私的流なキモを申しますと、フックはトリプルからダブルに交換したほうがイイ
です、ボトムをズル引く釣りなので、、、根がかりすると高くつきます!!

posted by bassman at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 冬の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。