初夏のバス釣り ジグヘッドリグ


シンカーとフックが一体になったジグヘッドリグ。
すべてのワームに使用でき、オールシーズン使えるリグでもあります。

jighead01.JPG

ジグヘッドのヘッドには様々な形がありますが、今回は一番多様性のある
ラウンドヘッド(球状)ジグでのバス釣りをご紹介します。

ジグヘッドリグの長所としては、フックがワームからむき出しになっている
ので、低活性でバイトが小さい時でもフッキングさせやすいこと。

逆に短所として、フックポイントがワームから出ていることで、ボトムやカ
バーで使用する場合、根掛かりすることが多くなってしまうことです。

バス釣りの場合、ジグヘッドで最も多く使用されるのがラウンドヘッドのジグ
で、スイミング、フォーリング、ズル引きなど、すべてのアクションに対応で
きるリグになります。

上の画像では、すべてラウンドヘッドのジグを使用していますが、一番上の
グラブには、1/16ozのジグヘッド、その下2つには1/32ozのジグヘッドと
ウエイトを変えています。

ウエイトを変えるのは様々な理由がありますが、簡単な選択方法として、浅場
では軽いジグ、深場では重いジグ、カバーやストラクチャーなど根掛かりしそ
うなポイントは軽いジグ、比較的オープンなポイントは重いジグなどと、考え
るとイイと思います。

この初夏の時期に爆釣する釣り方としては、ボトムから少し浮かせてスロース
イミング、ボトムに多少コンタクトしてもOKで、広くスローに探ることがキモ
になります。

例えば、1/16ozのジグヘッドにグラブとか、1/32ozのジグにシャッドテール
のワームとかで、ボトムを切ってスロースイミング!!

ジグヘッドリグはシンプルなリグではありますが、それゆえに奥が深いリグで
もあります。また機会がありましたら、詳しくジグヘッドリグのバス釣りをご
紹介しますね。




posted by bassman at 19:57 | TrackBack(0) | 夏の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏後期のバス


猛暑から少しずつ抜け出してきた様子で、バスにも釣人にも少しずつ過ごしや
すくなってきました、、、、

それでも水温はまだまだ25℃を割ることなく、釣り辛い状況なのですが、朝晩
やローライトの曇り日などでは、いい釣りが期待できそうです。

この時期、レイトサマーのブラックバスは何処に潜むのか、その場所を探して
みましょう。

まずは深場の低水温域へ行くバス、この魚は体力があり、個体もまずまず大き
いのが一般的です。それ相応の深場があり、比較的水質がクリアーな釣場である
こと、大きな湖などがこれにあたります。

水が濁っていると深場では光合成ができず、溶剤酸素が不足し、魚達には棲み辛
い環境であること、、、

次に浅場にとどまるバス、バスの個体は小さくなりますが、大小の個体が入り混
じっている。ストラクチャーやヘビーカバーにタイトに着くタイプのバスですね、、、、
野池や皿池状の場合が多く、適当な深場が存在しないか、常に濁り気味の場合、
浅場にとどまる要因になります。

浅場は光が通りやすく、水面から溶け込む酸素が豊富!!体力のない子バスや浅
場を好むタイプには非常に良い環境なんですよ。

この2タイプの他にも流れ込みや風通しの良いポイントなどが夏の定番ですが、
大きく分けて深場と浅場を考えていくと良いと思います。

その釣場の構造(地形)と水質を意識して、水温と酸素の問題をクリアーしている
ポイントを見つけることです。そこで一匹でもバスがつれたなら、そこに密集し
ている可能性がありますので、少々粘ってみるとイイかも、、、、、


夏の釣りと冬の釣りには、密接な関係があるので、釣り辛いレイトサマーを攻略
しておきましょう、、、、、、













posted by bassman at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。