プリ、ミッド、ポストの春


最近の気温は30℃近くになる日もあり、初夏を感じさせる陽気となってき
ましたが、さて釣場の様子は、、、、

ブラックバスのイベントでもある産卵期も一応ピークを過ぎた感がありますが、
あなたのフィールドでは如何ですか?まぁ7月後半まではポチポチとスポーニ
ングがみられますが、とりあえず第一陣は終えた感じでしょうか、、、

先日も釣果で紹介しましたが、ポストの回復気味の魚を釣り上げました。果敢
にベイトフィッシュを岸沿いの浅場に追い込むバスを狙い撃ちしたわけです。

ここ数日夕方のマズメによく見ることができますが、数分でフィーディングも
終わってしまい、モタモタしてるとチャンスを逃してしまうことも、、、

しかし、釣場はまだこれから産卵をするバスや、深場で体力が回復するのをじ
っと待つ魚もいて、この三種の魚達が入り乱れている状況がこの時期のポイン
トです。

浅場で産卵に絡む魚を狙ってみて、反応がない場合は、少し沖目の深場、ブレ
イクなどを探っていくのが良いでしょう。この時期はやはりどのルアー、リグ
にしても、スローな釣りをするほうが、バスの反応が良いと感じます。

先日スポーニングエリアの浅場を狙ったのですが、反応がなく、深場へとシフ
トしたのですが、40?p級のポストの魚をキャッチしました。これはバス釣りの
セオリーというかスポーニングエリアで反応がない場合は、そのエリアの深
場を探る、ということですね。

2インチほどの少しボリュームのあるフォグ系のワームで16/1ozのジグヘッド、
それを沖目に遠投してカーブフォールさせ、着低後スローにバンピング後のバイ
トでした。

この時期はどの状態の魚もショートバイトで、あまり口を使いたがらないので、そ
れこそ目の前を通さないと中々バイトしてくれません。苦手な我慢の釣りをしなく
てはいけませんが、釣れればデカイのもこの時期の傾向です。

私の経験から、この時期のワームは手足の付いたフォグ系
のワームが中々釣果が宜しいようで、、、、

ジャッカルのパインシュリンプとか、、、
         ↓

あと、エバーグリーンのキッカーバグなんかが定番!!
         ↓







posted by bassman at 15:26 | 春の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネスト攻略 スレバス


最近は気温が20℃近くになって、バスのスポーニングも本格的にクライマッ
クスに入っていきます、、、

先日某野池に偵察に行ってきましたが、そこのバスはまだスポーニングに入
っていないようで、ネストの確認はできませんでしたが、40オーバーのバス
が複数シャローに確認できたので、そろそろでしょうか、、、

今回はそのスポーニング真只中で、釣人のプレッシャーがかかったネストの
雄バス攻略を少しご紹介します。

まず下手なこの図を拝見あれ、、、

bass003.jpg

真ん中の白い円がネストで、そこに居るのがバス、、、その周りの矢印の線は
ルアーをトレースする方向です。

スレたバスは岸側を向いてネストを守っています、、、既に何人かの釣人に釣り
上げられた雄バスは、ルアーを見た瞬間、即効で逃げていってしまいます。あな
たもそんな経験をしたことがあると思います。では、、、


続きを読む
posted by bassman at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。