グラスロッドでバス釣り


バスフィッシングで使用されるロッドで、グラス繊維素材のグラスロッドが
あることは皆さんご存知だと思いますが、グラスロッドを使ったことがない
アングラーも結構いますね。

使わない理由は主に、カーボンロッドに比べて重い、太い、ダルイなど、人
それぞれですが、私の釣仲間にもそんな理由で使わない人がいましたが、あ
る時グラスロッドを使いブラックバスを釣り上げたのですが、そこで彼いわ
く、このロッドは楽しい!の一言、それ以来、彼は巻物専用でグラスロッド
を購入、春先など好んで使っております。

確かに一昔前のグラスロッドは少々重かったのですが、近年のグラスロッド
は軽量化され、グラファイトロッドと同様に扱いやすくなってきました。
私も何本かグラスを使っていますが、性質等を除けば、グラファイトと変わ
りなく使用できています。

その性質、特性は、グラス独特のものがあり、癖というか、グラファイトと
比べるとグニャグニャしてるとか、感度が悪いとか、まぁ、それがグラスロ
ッドなわけですが、、、

一般的にグラスロッドを使う場面というのは、バスの喰いがシブイ時とか、特
に春先などですが、クランクでバイトがあった時に弾いてしまう場合、こんな
時はグラスロッドの出番!

ルアーはトリプルフックが多いので、春先など喰いがシブイ時はフッキングが
浅く、グラファイトロッドでは反発が強く弾いてしまう現象がよく起きるんです。
これを解消してくれるのが、グラスロッドなんです。

反発力が緩いので、ショートバイトでもロッドが程よく吸収してくれるんです。要
するにノリがイイということですわ。
そしてバレにくいこと、このノリとバレにくいのがグラスロッドの真髄で、存在価
値があるんです。

使ってみると判るのですが、クランクを引いていてフッキングした時など、それは
気持ちイイほど、グ〜〜ンとティップからベリーにかけてもっていかれます。こん
なんで大丈夫かいな、ってくらいよく曲がってます。

他にもグラス利点としては、キャスト時にあまりパワーを必要としないこと、これ
はグラスの特性でもある反発力が緩いので、スロー気味にキャストすればよいから
です。

また、軽量ルアーもキャストし易いこと、グラスロッドはサイドハンドキャストの
ほうがその性質に適していると思います。


良くないところは、、、私にはありません!!

グラスロッドを理解すれば、その使い方、楽しみ方が判るので、私はグラファイト
ロッドと同等に扱っています。

あなたがまだグラスロッド使ったことがないのなら、、、、あなたはまだまだ、バ
ス釣りを100%楽しめていませんよ。

なんて、言い過ぎでしょうか、、、多治見のグラスマンさん、、、、元気ですか?

偉そうに私も言っていますが、実は私もあまりグラスロッドには関心ない派でした。
ところが、ある釣場でグラスマンさんと知り合い、グラスロッドのイロハをご教授し
て頂いてから、どっぷりとグラスロッドにハマりましたね。

一年中グラスロッドだけで、バス釣りをしていた時期もあったなぁ〜

グラスロッドをまだ使ったことのないアングラーは、一度物は試しで使ってみては
いかがでしょうか? 楽しいバス釣りできること間違いないですから、、、、












posted by bassman at 16:17 | ロッドの選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。