ルアーのサイズ

バスフィッシングで昔から言われているルアーの話で、大き
なバスには大きなルアー、小さなバスには小さなルアーとい
われてきました。

私の経験からも確かにバス釣りをしていて、そのようなケー
スもしばしばありましたが、時に小さなバスが自分よりも大
きなルアーで釣れてくることがあるのも事実です。

それを考えると必ずしもルアーのサイズをバスの大きさで決
めるのは、あまりいい考え方ではないようです。それよりも
エサとなるベイトフィッシュのサイズとか、釣場の濁り具合
、バスのスレている度合いなどによってルアーサイズを考え
選択したほうが良いでしょう。

例えば、、、バスがスレていない湖沼や濁り気味のところなどは、大きな
ルアーを使い、着水音を大きくしてバスの関心をルアーに集
めるといったことが効果的で、逆にスレている釣場などでは
着水音の小さな小型ルアーが有利しょう。

最初は大き目のルアーでバスにアピールし、徐々にルアーサ
イズを小さくしていくことが一般的なローテーションですが
その釣場のポテンシャル次第では、ビッグルアーだけで通し
たほうがランカーをヒットさせやすいのも事実で、池原ダム
などは、正にポテンシャルが高い釣場ですので、大きなルア
ーで攻めていくほうが効果的なんですね〜

では、小さなルアーでは大きなバスが釣れないのか、という
ことですが、そんなことはなく、5pほどのルアーでも50オ
ーバーの魚がヒットしてきたことは数知れず、、です、、

様々な要因で小さなルアーしか喰ってこない時があり、これ
もタイミングや状況で判断していくしかありませんが、反応
が今一悪い場合などは、極端にルアーサイズを小さなものに
変えてみるといい結果がでることがありますよ。


何れにせよ、大きいルアーだから釣れないとか、小さなルア
ーだからランカーが釣れない、といった先入観は頭の中から
消し去ったほうがいいですね。

posted by bassman at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーの選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。