ロッドの性質


バス釣りのロッドは、それぞれに性質(アクション、パワー)が違い、その釣り
方に合わせて使用します。ここではまずベイトロッドの性質、選び方など私的
流に紹介していきたいと思います。

私が始めて購入したバスロッドはベイトロッドでした。それもバス釣りのこと
はあまり知識がない頃でしたので、釣具店の店員さんの勧めで購入したのです
が、これがそもそも失敗で、初心者というのにガチガチのヘビーを買わされた、、、

なぜ失敗かというと、初心者には非常に扱いずらいロッドなわけで、ガチガチ
のヘビーだからルアーが上手くキャストできない、、ロッドにうまくルアーの
自重をのせることができなかったわけです。

分かりやすく例えると、鉄の棒でキャストする感じですかねぇ〜
となるとどうなるか、、、はい、バックラッシュの嵐です・・・・

それも修復不可能な激バックラッツシュ、、、ライン代がかなりかかりました。

結局まともにキャストできるまでに一月かかりましたが、ロッドの性質などの
知識があれば、キャストしやすいロッドを最初に選んでいたわけです。

例えばミディアムアクションのミディアムテーパーあたりを購入していれば、も
う少し早く上達したと思います。

ロッドの性質はバス釣りを覚えていくには大変重要なことで、それを無視してバス
釣りは出来ないと言ってもいいでしょう。ルアーに合わせたロッドアクションは、
その性質を理解できないと出来ません。

釣具店に行き、並んでいるロッドを見て、触り、そのロッドの性質を感じて下さい。
そのうちに、一振りするだけで、このルアーにあのラインで、なんて、頭のなかで
セット出来るようになります。



ロッドには硬さと曲がり方といった要素があり、アクションとテーパーのセッ
ティング次第でフィーリングが違ってきます。

ロッドアクション(硬さ)

・ライトアクション
・ミディアムライトアクション
・ミィデアムアクション
・ミディアムヘビーアクション
・ヘビーアクション

ロッドテーパー(曲がり方)

・ファーストテーパー
・ミィデアムテーパー
・スローテーパー

以上が一般的なアクションとテーパーですが、それ以外ではエキストラなどと
いったバージョンもロッドによっては設定れているモデルあります。

この二つの要素の組み合わせでロッドを選んでいくのですがもう一つの要素と
して、ルアーウエイトもロッドを選択する場合には大切な要素の一つになります。
軽いルアーをヘビーなロッドでキャストすることはミスマッチで、使用するルア
ーの重さに合わせてロッドを選ぶことになります。

初心者の方がベイトロッドを一本最初に購入するならば、ミディアムアクション
のミディアムテーパーあたりが無難な選択になるでしょう。

ロッドの性質を理解した上で、使用するルアーを決め、それに合うロッドを購入
すればいいわけです。

先程も言いましたが、色々なロッドを釣具店で触ってフィーリングを感じること
が一番手っ取り早いかもしれませんね、、、


posted by bassman at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロッドの選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35281915

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。