プリスポーンに効くルアー


前回はプリスポーンのブラックバスの行動を解説してみましたが、今回は
プリスポーンバスに効くルアーと定番テクニックをご紹介してみたいと思います。

ここでは野池等のフィールド環境で紹介しますが、リザーバー等とは少し攻め方
が異なることになりますので、お間違えのないよう、お願いいたします。

野池等は皿形のボトム形状が多く、アングラーの与えるプレッシャーから、バス
はシャローに近づくことができず、ルアーが届かない沖でスポーニングを行うこ
とがあり、このことも考慮しながら攻略してください。

暖かい日が続いた野池等では、まずスポーニングエリアになるシャローを効率
よく探ってみましょう。

ルアーはシャロークランク、バイブレーション、スピナーベイトなどで、広範囲
にルアーローテーションしながらサーチしてみましょう。
そこにバスが居れば餌狙いなので、ヒットすれば強烈なバイトがあるはずです。

まったく反応がない、、、がく〜(落胆した顔)  さてどうしましょうか?

シャローにまだ上がってないから、今日は撤収! でもいいと思います、個人的には。

それでももう少し粘るアングラーは、沖に狙いを定めてボトムをサーチしましょう。
皿形の野池はボトム形状が掴み辛いので、ディープダイバーのクランクでボトムを
探ってみましょう。
それでも反応がなければ、メタルバイブでボトム付近をリフト&フォールでサーチ!
それでも反応がない! 次は3/8oz位のラバージグでボトムバンピングでドスンと!

セカンドブレイク、ファーストブレイクであろうポイントをそのように流してもまっ
たく反応がない場合、コンタクトポイントになるストラクチャーを探してみる。
ゴロタ石やちょっとしたボトムの凸凹など、バスが付きそうなストラクチャーがあれば
ピンポイントでラバージグ、テキサスリグなどで攻めてみましょう。

諦めなければ、必ずプリスポーンのランカーが釣れます、、私がそうだったので、、、

プリのブラックバスは、天候、水温の変化でその日の行動が変わり、シャローとディープ
を行ったり来たりと、掴みどころがないので難しいところですが、その変化を見る目、感
を身に付ければ、プリバス攻略の大きな武器となります。


皆さん、釣りずらい時期ではありますが、プリバスランカーを引きづり出して下さい!!

次回は本番、スポーニング!!ブラックバスの行動を考えましょう、、、





 

posted by bassman at 18:42 | TrackBack(0) | ブラックバスの行動学 春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。