初夏のバス釣り ジグヘッドリグ


シンカーとフックが一体になったジグヘッドリグ。
すべてのワームに使用でき、オールシーズン使えるリグでもあります。

jighead01.JPG

ジグヘッドのヘッドには様々な形がありますが、今回は一番多様性のある
ラウンドヘッド(球状)ジグでのバス釣りをご紹介します。

ジグヘッドリグの長所としては、フックがワームからむき出しになっている
ので、低活性でバイトが小さい時でもフッキングさせやすいこと。

逆に短所として、フックポイントがワームから出ていることで、ボトムやカ
バーで使用する場合、根掛かりすることが多くなってしまうことです。

バス釣りの場合、ジグヘッドで最も多く使用されるのがラウンドヘッドのジグ
で、スイミング、フォーリング、ズル引きなど、すべてのアクションに対応で
きるリグになります。

上の画像では、すべてラウンドヘッドのジグを使用していますが、一番上の
グラブには、1/16ozのジグヘッド、その下2つには1/32ozのジグヘッドと
ウエイトを変えています。

ウエイトを変えるのは様々な理由がありますが、簡単な選択方法として、浅場
では軽いジグ、深場では重いジグ、カバーやストラクチャーなど根掛かりしそ
うなポイントは軽いジグ、比較的オープンなポイントは重いジグなどと、考え
るとイイと思います。

この初夏の時期に爆釣する釣り方としては、ボトムから少し浮かせてスロース
イミング、ボトムに多少コンタクトしてもOKで、広くスローに探ることがキモ
になります。

例えば、1/16ozのジグヘッドにグラブとか、1/32ozのジグにシャッドテール
のワームとかで、ボトムを切ってスロースイミング!!

ジグヘッドリグはシンプルなリグではありますが、それゆえに奥が深いリグで
もあります。また機会がありましたら、詳しくジグヘッドリグのバス釣りをご
紹介しますね。




posted by bassman at 19:57 | TrackBack(0) | 夏の攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。