冬バスの攻略 サンクチュアリ


冬バスはサンクチュアリを探せ!

サンクチュアリとは、ブラックバスが冬の厳冬期に身を寄せる場所。
一般的には1月〜2月の間、バスはその深場で群れになって生息しています。
野池などでは、最も最深部になるディープ域がサンクチュアリになると思います。

厳冬期の冬バスは、少しでも水温の高い場所を求め、居心地の良い場所を探します。
ほとんどのブラックバスは、その池のメインチャンネル沿いのディープにいるでしょう。
メインチャンネルとは川筋、川の跡で、減水時にその川筋を見ることができますので、
自分のホームレイク、野池等が減水した時は、写真に撮っておきましょう。

kawasuji02.jpg

サンクチュアリにいるバスたちは、底べたについており、新陳代謝が著しく低下して
動きは鈍く、捕食行動するとき以外はあまり動きがないと思われます。
じっと冬が通り過ぎ、水温が滴水温になるのをひたすら待ち続けるわけですが、時と
してシャローに姿を見せることもあります。

風が弱く暖かい日が続いた時など、餌を求めて比較的大型のバスを見ることがあります。
その場合、メインチャンネル沿いをストラクチャーにコンタクトしながら、ゆっくりと
餌がいるであろうシャローに上がってきます。

私が以前よく通っていた山上湖で、冬の厳冬期一月の末頃、雪が結構降っていた日でしたが、
チャンネル沿いの小さな岬に、50p弱のブラックバスが3匹じっとスティしているのを見た
ことがあります。私もそのバスをじ〜っと見入っていましたが、、、、

厳冬期の1月〜2月位までのバスの行動は、ディープのサンクチュアリで群れになっており、
時折、天候が良くなれば、餌を求めてシャローに上がってくるということです。

冬バスはあまり動かないので、釣り辛いと思いがちですが、逆にバスが群れているサンクチ
ュアリを見つければ、冬の爆釣なんてのも、無きにしも非ず、、ですね。


冬は釣道具を持たず、カメラ片手に観察するのも、バスフィッシングなんですねぇ〜

タグ:冬バス 
posted by bassman at 18:37 | ブラックバスの行動学 冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックバス駆除 豊橋市


toyohabass01.jpg

1月22日、愛知県豊橋市で農業用ため池の水を抜いてブラックバスの外
来種駆除が行われました。

豊橋市では3年ほど前から、農業用ため池が水漏れしていないかなどを
点検する為に水を抜く際、ブラックバスの駆除を行っていたそうです。

捕獲されたブラックバスは焼却処分する一方、鯉や鮒は生け簀で保護した後、
池に戻すということです。

豊橋市にはため池が100ヶ所以上あるそうですが、来月までに他の数ヶ所で
も駆除を行う予定とのこと、、、、


ニュースの映像を見ていた限りでは、ブラックバスは数匹捕獲されていたよ
うに見えましたが、その数は定かではありません。

ブラックバスは全国的に悪魚扱いされ、駆除の果てには焼却処分等されてい
るわけですが、根本的にその道筋が間違っているように思います。

日本のバスフィッシングの文化が消えていくのは、寂しいですからね〜


追記、、、、

報道によりますと、ブラックバスは約100匹が捕獲され、体長25〜30セン
チが最も多く、40センチ以上もかなりおり、最大は50センチだったそうです。
なお、ブルーギルなどは生息していなかったとのこと。

100匹とはあの規模のため池としては、多いほうですね。
きっとその他のため池等も、多くのブラックバスが生息しているのでしょうね!

posted by bassman at 19:30 | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。